印鑑作成

印鑑を使うタイミング

私は印鑑を使う事がたくさんあります。 まず1番多く使うのが「郵便局の短期アルバイト」です。郵便局のアルバイトでは毎回出勤するたびに、出勤簿に印鑑を使う事が必要になっているので、毎回印鑑は持って行くようにしています。印鑑には使いやすい印鑑と使いにくい印鑑がありまして、個人的には自治体や金融機関に登録や届け出が必要のない「認印」が使いやすいです。 私はまだ働いてない身なので、簡単な書類に対応している、認印を愛用しています。しかも認印は家族で併用できるのも良い所ですね。なので、自分がいない時にも他の家族がいれば認印を使いまわせるので、とても使い勝手が良いですね。 郵便局の出席簿以外にも認印はたくさん使い所があります。例えば通販などで商品を注文したときに、本人証明の為に印鑑が必要になりますよね。その場合は手軽に使える認印を使っています。就職活動をする時も、履歴書には印鑑が必要。その時は、認印を使うようにしています。 印鑑の種類には他にも「実印」と「銀行印」がありますね。 私は先程も書いた通り、働いてないので、実印のような「公正証書の作成」や「不動産取引の時」に使うような重要な場面が来ないのであまり必要ないです。

CONTENTS

TOP