印鑑作成

印鑑の様々な役割とは

自分がこの書類を確認した、ということを証明するのが印鑑になります。印鑑というのは今では100円均一で売っているような物でもありますが、それこそ数十万円以上の印鑑もあります。まさにピンからキリまであるのが印鑑という道具なのです。ですから、色々と選択肢があることは確かであるといえるでしょう。色々とタイプがありますからそれに合わせて活用するとよいでしょう。まずインク内蔵型の印鑑があります。
これはそこまで重要ではないことに使うことがベストです。具体的にはいえば確認印に使う、ということです。宅配便の受取の時の確認の証明に捺すわけです。これが一つの使い方であるといえるでしょう。他にあるのが認印です。認印というのはかなり定義が広いのですが基本的に手彫りがベストです。それが最も偽造されにくい形となるからです。認印と実印というのは意識が混在してしまう人が多いのですが認印が実印になることがある、という認識でよいです。
つまりは、実印とは印鑑の印影を役所に登録することによって認印のようなタイプの印鑑が実印として登録されることをいうのです。この微妙な制度のポイントはしっかりと押さえておいたほうがよいでしょう。意外とわかっていない人が多い点です。

CONTENTS

TOP